カテゴリー別アーカイブ: sano

時代がオレに追いついた / sano

予てよりオレは燃費の良い酒を好み、燃費の良い酒を提唱してきた。
特に家で呑むには、安く早く酔えればイイ。
ようやく時代がオレに追いついた。
http://www.sankei.com/economy/news/171120/ecn1711200036-n1.html
市販の酒類が高アルコール度数志向になってきているらしい。

安く酔う。
喉越しだの味わいはこの際置いておいて、手っ取り早く「酔う」。
こいつに焼酎増量すれば、1本でイイ気分♪
低燃費。

by sano


ガリガリ / sano

接点不良のガリガリ、普段ならプラグをグリグリ回せば治るじゃん!程度でほとんど気にしないんだけど、
一度気になると、とことん治したくなる。
いわゆる「接点復活剤」、決して完全に「復活」するわけじゃないと思うけど、
いろいろ使ってきた中でこれが価格と効果のバランスがいいね。

エフェクターから始めたんだけど、全てのベース、キーボードに録音機材、オーディオ機器、
気付けば家中のあらゆるプラグとジャックを「復活」。
接点復活剤とかけて、寿司のガリととく、どちらも後味スッキリ♪

by sano


紙チケット / sano

自分達の公演で紙チケットなんて、何年ぶりだろう?!
たぶん、ルート・フォーティーンに出ていた頃以来だと思う。

チケット

いわゆる「予約&取り置き」が多くなったライブハウス。
それでも形のある紙チケットを引き換えに渡すところもまだまだあるけど、
ドリンクチケットのみを渡す店が多い昨今、
やっぱり紙のチケットは存在感あるね。
紙チケットがあった方が売る気になれる(笑)?!

by sano


イク天 / sano

BS-TBSにて放送されていた「イカ天」ならぬ「イク天」なる番組が終了した。
ちょっと気になって何度か観たけど、ん~~~、音楽の評価って難しいですね。
売れる売れない、カッコ良いカッコ悪い、上手下手、求められるものと求めるもの、
結局よく分からない(笑)

かつてイカ天に出たJACK BLUE、
あの番組は何だったのか?バンドブームとは何だったのか?!

バンドにとって、決してマイナスだったとは思わない。
バンドブームの波に流されずにやってこれたのが良かったのかな??
現代版イカ天であろう「イク天」を見て、いろいろと考えさせられた。

時代は繰り返す。
また「バンド」が盛り上がる時代が来れば、それはそれで嬉しいと思う。

by sano


勘違い / sano

写真の整理中に出てきたJACK BLUEの前身だったバンドの写真に、
シンギョウはもちろんだけど酒井が写ってた。
てっきり、JACK BLUE始動と同時に合流したもんだとずっと勘違いしていた。
周年ライブの度に快く参加してくれる酒井だけど、
その度にちょっと計算が合わない的な事を言ってた気がする。
もしかして、この時期を含めたら正解なのか?!
まぁ、答えはどうでもいい。
JACK BLUE立ち上げのメンバーだった事に変わりは無いんだから。

昔の写真掲載は本人もオーケーしてるけど、
上半身裸は微妙なので一応モザイクかけた(笑)

中学生の甥っ子が吹奏楽部でドラムを叩いているというので、酒井モデルのスティックをあげた。

夜露死苦哀愁
夜露死苦哀愁

こんな怪しいスティック使って、先生に怒られないだろうか(笑)

by sano


archive / sano

ふとした事で偶然目にした、横浜にある「7th アベニュー」のWEBサイト。
過去のスケジュールが、1985年から掲載されているのにビックリ!!。
これはすごいね。
何度か出ているので調べてみたら、ようやく1箇所見つけた。
1994年3月12日に出演していた。
http://www2.big.or.jp/~7th/schedule/bn/9403.html

記憶が確かなら、横浜へ向かう機材車で第三京浜を走行中、
助手席に乗っていた川田のシートベルトがドアからはみ出して、
料金所を抜けるまでずっとパタパタ鳴り、そのストレスで川田が胃痛になった伝説の日だ(笑)

JACK BLUE のWEBサイトを開設したのは10年くらい前。
それ以前に、いつどこでライブをやったかの記録はほとんど無し。
きちんと記録しておけばよかったなぁ…。
幸いにも写真はたくさんあるので、一度きちんと整理してみようか。
チラシの原版とかもある程度は残ってるはず。

1994年っていうと、この頃か??

by sano


Rock’n Roll !! / sano

池袋ルイードK3にて、知り合いのバンドに知り合いがサポートメンバーで出るっつうんで行ってきました(笑)

昔々、四谷音楽館でのリハーサル中、
ちょっと煮詰まって無音で打ち合わせモードになると、
アンプのスピーカーを通して聞こえてくる隣のスタジオの音がランブリンローズのリハ。
同じ日の同じ時間というのが何故か多かった。
対バンやら隣のスタジオやらばかりで、客席からちゃんと観たのは実は初めてでした。
解散後、全く想像つかなかった別のバンド、オートモッドのベーシストとして再会したマサさんとも、
数年ぶりに再再会でした(笑)
ロックンロールは永遠だね。

by sano


ペフペフ / sano

先日、昔のバンド仲間の誘いで、
越谷駅前の「アビーロード」にて単独でセッション参加。
ハードロックセッションと銘打ったイベントだったけど、
ベース&ボーカルで
● Jumpin’ Jack Flash / Rolling Stones
● 夢うつつ / 村八分
ハードロックセッションというにはちょっと…というか、
かなり場違いな曲を演らさせていただきました(笑)

車で行ったんだけど、道すがら久しぶりに懐かしい看板を見た。

pefupefu

昔、機材車で移動してた時、この辺りをよく通ったけど、
その度に車内の誰からとも無く「ステーキペフペフ」の声。
「ペコペコ」なんだけど「ペフペフ」にしか見えなくなり、
以来「ステーキペコペコ」なるこのステーキ屋さんは、
オレの中では完全に「ステーキペフペフ」なのである。
いつか「ステーキペフペフ」で食べてみたいね。

by sano


偶然 / sano

先日、京浜東北線に乗っている時、
上野~御徒町間で何気に外の風景を見ていたら、
ビル壁面の大型ディスプレイに自分の姿があってビックリ!
お世話になっているアメ横のY’sビジョン、
電車の中からもバッチリ見えるんですね。
知らなかった…。
そして、1時間に2回の放映を走る車内から目に出来たというのはすごい偶然。

Y's VSION アメ横
Y’s VSION アメ横

写真はもちろん車窓からではありません(笑)

※先週から放映時間が、毎時28分・58分に変更になったそうです。


初練習 / sano

本日、JACK BLUE 新年初スタジオ。

2016初音出しは、久しぶりにこのベースにて。

帰宅早々にデヴィッド・ボウイの訃報。
モーターヘッドのレミーに続いて、またしてもロック界のレジェンドが逝く。
中高生の頃に後追いで聴いた初期のデヴィッド・ボウイ、青春真っ只中にリアルタイムで聴いた「レッツ・ダンス」やミック・ジャガーとの「ダンシン・イン・ザ・ストリート」。
それ以来しばらく離れていたけど、
昨年のライブでのセッションで演った「ジギー・スターダスト」で久しぶりにいろいろと過去の音源を聴いたばかりでした。

by sano

このバージョン、すごく好きなんだよね。